タイトルに年号の入る曲

練習日記にも書かれていた、『タイトルに年号の入る曲』といえば・・

「大序曲1812年」(チャイコフスキー)
「プラハのための音楽1968」(フサ)
「孤独な海岸~ノルマンディ1944」(バーンズ)
「失わざるべき記憶 ~1945年8月6日~(原爆ドームにて)」(飯島俊成)
「おほなゐ~1995.1.17 阪神淡路大震災へのオマージュ」(天野正道)
「スターズ・アトランピック ’96」(三善晃)
「ニューヨーク 2001/09/11」(清水大輔)
「祈り~その時、彼女は何を想ったのか~ドゥブロフカ劇場(モスクワ)2002.10.26」 (飯島俊成)

並べてみると題材が戦争、地震、テロ等。どの曲も相当重いです。
年号が入るってことは「その年に起きた歴史的な出来事」をテーマにしてるってことですよね。

「スターズアトランピック」だけオリンピックが題材だけど(笑)
同じアトランタオリンピック関連でも、実際の公式テーマ曲となった「サモン・ザ・ヒーロー」(ジョン・ウィリアムズ)と雰囲気がえらい違います。

「おほなゐ」は阪神大震災へのレクイエムですが、同じく天野さんの「Alas de Hierro ~虚空に散った若き戦士たちへの鎮魂歌(レクイエム)」という曲も凄いです。
太平洋戦争の日本軍の「特攻」を舞台にした、とてつもなくシリアスな曲です。

こういう歴史的背景のある曲を、「その時なにが起きたのか」を学んでから聞くと、さらに音楽が面白く素晴らしく感じることでしょう。

・・なんだ、この音楽史の授業みたいな誰得記事はっ!!!!

タイトルに年号の入る曲 へ1件のコメントがあります

  1. より:

    結局自由曲を何にしたかは触れられていない…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバックURL:
http://momoyama-wo.com/mwo-blog/2012/02/08/1812/trackback/