団員リレー更新その20(指揮者・中田)

ある依頼が来た。

「指揮者として」「音楽の」ブログを書いてほしと・・

近頃、元くんになりすました釣りブログを量産していた私にとって、
あまりに非情・無慈悲で難解な依頼であった・・

まさに青天の霹靂である。

私は動揺していた・・

*****

おっと!
話口調が元くんのままでした。

こんにちは、久々の登場、指揮者の中田です。

ということで今日は第13回演奏会のミドコロ紹介をしようと思います。

——————————–

(お品書き)
~開演前の一品~
ラ・バンバ

~第一部~
・飛行のファンタジー
・聖者の行進
・情熱大陸コレクション
・ライオンキングメドレー

~第二部~
・セントアンソニーヴァリエーション
・交響詩「スパルタクス」
・桃源郷フィフティーン

———————————–

≪ラ・バンバ≫
開演は14時ですが、13時50分頃から1曲、
オープニングアクトをご用意いたしております。
A.Sax、Tb、B.Sax、Tuba、Drums、Vibという編成です。

この曲をやると決めた時にベース隊に渡した楽譜がコチラ↓

image

悲惨ですね。

「ほぼ」ってことは違うところもあるんですがそこは口頭説明。
もちろんドラムとビブラフォンは楽譜すらありません。

はたしてどんな演奏になっているのか。
ご期待ください。
  
    
≪飛行のファンタジー≫
去年末公開されたスターウォーズ新作にあわせて選曲。

ハリーポッター~ET~スターウォーズのメドレーです。
とはいえ、時間配分的には7割がスターウォーズ、2割がETです。
そして、残り1割のハリーポッターは管楽器は全員休みです(笑)
  
  
≪聖者の行進≫
思えば「聖者の行進」を演奏するのは3回目です。
すべてアレンジは違う楽譜です。

1度目は数年前のウィンターコンサート。
肺気胸を患った久野氏がこの曲だけ吹きにカムバックするという無茶してくれました。

2度目は2年前のオープニングアクトで。
途中、Tp吉村氏がエエ声で歌ってました。

3度目の今年、ディキシー風のアレンジでご機嫌な演奏をお楽しみください。
  
  
≪情熱大陸コレクション≫
説明不要、おなじみ葉加瀬太郎さんのエトピリカ~情熱大陸のメドレーです。
ライブバージョンを元にアレンジされていて、とてもカッコよくてご機嫌です。

いきなり思い立って
「あ、俺ソロやるからここからここまで2回繰り返しね」と伝えたら、
いつものことなのにメンバーの皆様、困惑気味の模様。
  
  
≪ライオンキングメドレー≫
ずーーっとやりたかんですが、気に入ったアレンジがなく断念してました。
去年ニューサウンズから発売されたアレンジがとても良くて、
ようやく取り上げることになりました。

しかし。ライオンキングが好き過ぎるがゆえ、
こだわり強すぎてメドレーにない曲を追加補充。
書き足し・書き換え指示だらけでメンバーも困惑気味の模様(2回目)

おかげで演奏時間13分というボリュームになりましたが
聞き応え十分の素敵なメドレーに仕上がっています。
  
  
≪セントアンソニーヴァリエーション≫
吹奏楽の名曲。
去年副指揮者に就任した吉村氏が指揮します。

今回は原典版ではなく、いわゆる天理版です。
この説明で意味がわかった方はなかなかのマニアですね。

わからなかった皆様はコチラを読んでみてください。

これぞ吹奏楽!な響きをお楽しみください。
  
  
≪交響詩スパルタクス≫
吹奏楽の名曲。
古代ローマ時代の「スパルタクスの反乱」と呼ばれる奴隷戦争をテーマにしています。

剣闘士スパルタクスの生き様を、堂々と華やかに迫力満点に描いています。
こちらに、とてもとてもわかりやすい解説があるのでご紹介。
(※是非楽団メンバーも読んでください。)
  
  
≪桃源郷フィフティーン≫
楽団のみんながやたら「カッコいい」と一押しする委嘱曲。

1楽章
現代的な響きとファンクのビートが絡み、語彙の少ない僕らには「カッコいい」と言うことしかでません。
2楽章
フワフワ抽象的なのに抒情的で不思議な感覚に陥る作曲者のセンスに脱帽です。
3楽章
未知の15/16拍子。アバンギャルドでプログレ的な要素もあり(エマーソン・レイク&パーマー「タルカス」なんかを彷彿させる)、やっぱり語彙の少ない僕らには「カッコいい」と言うことしかでません。

激しく動くベースライン、ファンキーな打楽器、吼える金管楽器、うねる木管楽器、そして変拍子。最高です。

作曲者による曲解説(かなり面白い)もあります。
こちらは当日配布のパンフレットをご覧ください!!

ちなみに作曲者の朴さんは、高校の僕のひとつ上の先輩です。
朴さんが高校3年生の時、
僕は高校2年生。
そしてこの男は高校1年生。

あれから約20年。

先輩は売れっ子作曲家になり、
僕は楽団の指揮者になり、
後輩は飲みすぎで痛風になりました。

びっくりぽんです←

でもこんな形でまた一緒に音楽ができるなんて、とても幸せなことです。

それでは皆様。
今週日曜日は団員一同、心よりお待ちしております!!
image

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバックURL:
http://momoyama-wo.com/mwo-blog/2016/04/05/perfect-human/trackback/