世代交代

桃山ウィンド人気ナンバー1ブロガーの元くんが、転勤の都合、楽団を去って早数ヶ月。
ここに新たに指揮者に釣りに連れ回されている1人の男がいた。

そう、私の名前はVAN。
楽器はチューバである。
入団早々、私がたまに釣りに行くということを聞きつけた指揮者中田さんから、元くん2号として目を付けられたのだ。

そして先日、ついに船釣りに連れて行って戴いた。
今日はその話をしよう。

話口調が非常に元くんと似ているかもしれないが彼は言わば兄弟子のような存在であるので当然であろう。
元くんがダンディ元くんなら、私のことはストイックVANちゃんとでも呼んで頂こう。

***

朝3時半。
私はあびこから1時間かけて歩いて集合場所の南港まで来た。
何故なら私はストイックだから。

手荷物は小さな鞄のみ。
釣具は全て中田さんにお貸し頂くので何も必要ない。
クーラーボックスも持たないが、釣れた魚はその場で食ってやることにする。
何故なら私はストイックだから。

無事合流し、朝5時30分、和歌山某所から出船である。

本日の狙いはカンパチ。
ジグという鉛の塊を海に放り込み激しく竿を上下し釣る非常に男らしい釣りである。
竿を操作しながら見たこともないカンパチという魚との対峙に期待に胸を踊らせる。

img_6898

開始3時間。
釣れない。
中田さんも釣れない。
というか船で誰も釣れていない。

これはマズイ。

船長からジグでは釣れないから落とし込みという釣り方に替えたらどうかと提案がある。
落とし込みとは、小さめの針でまずアジを掛け、そのまま底まで落として大きい魚にアジごと喰わせる、いわば半分エサ釣りみたいな仕掛けである。

ふざけるな。
私達はルアーマンだ。

そんな釣り方するわけがない。

ふと横をみると中田さんが無言で落とし込みの仕掛けを投入していた・・

そしていきなりヒット!

なんと小型のクロマグロである。

img_6899

この方はやはり何かを持っているのか。
噂には聞いていたが、ポリシーはなくとも、非常にカッコいい男である。

いやしかし、私はひたすらルアーで釣りを続ける。
何故なら私はストイックだから。

6時間経過。
ここまででちっこい鯛やエソなどを釣っておられたが優しくリリースされる中田さんの地球上生物への愛を見つつ、全く反応のないルアーに半ば諦めムードが漂う。
他の方たちは、落とし込みでポツポツとヒットがある程度だ。

ここでついに落とし込みをやっていた中田さんにヒット!
ようやく小型のカンパチをゲットされた。

写真がないのが残念であるが、本日の狙いものである。

そしてタイムアウト。

7人で沖へ出てカンパチ5匹とハマチ2匹マグロ1匹という超絶に渋い状況であった。
  
  
そして私は無事、クーラーボックを持って来なかったことが正しかった、と証明されたのである。

そして帰宅後、別の予定である結婚式の二次会へと足を運んだ。
なぜそんな日に釣りに行ったか?

答えは決まっている。
そう、何故なら私はストイックだから。

***

後日談

中田さんは、後援会の山下会長に釣れたてのカンパチを結婚祝いにプレゼントされたそうだ。

やはり、とても心の広いカッコいい男である。

img_6900

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバックURL:
http://momoyama-wo.com/mwo-blog/2016/10/18/van/trackback/